Audi Sport Premium Test Drive at MGVs Winery

Audi Sport Premium Test Drive at MGVs Winery



今日はずっと楽しみにしていた企画Audi Sport Premium Test Drive at MGVs Winery「人生を豊かにしてくれる夕べ」を山梨フルーツパーク富士屋ホテルにて開催。



Audi Sport Premium Test Drive at MGVs Winery




Audi Sport R8、R8 Spiderを眺めながら、富士屋ホテル料理長によるイタリアンとMGVsワインとのマリアージュ(醸造家袖山氏自らのワイン解説付き)を楽しむという贅沢。そんな仕立てから、アウディオーナーの皆様ともすっかり話が弾み、豊かな時間はあっという間に過ぎていく…



Audi Sport Premium Test Drive at MGVs Winery



「先進による技術」というアウディの哲学を理解している皆様にとってMGVsの目指すワイン造りにも多くの共通項を見出し、興味と賛同いただけたのは良かった。これからも他には決して真似のできない技術革新と個性をもって前進したいと感じさせる夜になりました。

レクチャー:DMM.com Lab

DMM.com Lab


DMM.com Lab(金澤)のクリエイティブな雰囲気のオフィスにて20代30代に向けた「アートディレクターに直接聞く」という講演に呼んでいただきました。

業務カテゴリは違うものの、根本にある問題意識は実はどこも似たようなもの。
次のデザインに関わる若手達の熱い眼差しが印象的でこちらも楽しませていただきました。

G展

G展


昨日よりミッドタウンにて今年のグッドデザイン賞授賞展2017が始まっております。

本日は応募された企業向けに開催される、審査員がどの様な視点で各応募製品を評価したのかを解説する審査報告会でした。
本年度、産業機器と医療分野のユニットにてユニット長を務めさせていただいたわけですが、産業や社会、経済に直結するとても重要なカテゴリなだけにこのユニットの性格は堅実で、あゆみの遅い分野という認識でいました。


しかし、今年度は激変する昨今の社会背景や世界情勢の流れから製品の設計思想は大きく在り方が変わり、イノベーティブな解決による意匠を超えた本当の意味でデザインされた製品の多さに驚くとても興味深い年でもありました。


ベスト100の展示会場を見ても、そうした全体のデザインに関する質が過去に比べ一段と上がった様に感じます。リアルな未来を示す今のデザインをこの連休中に多くの方に見に来て欲しいと思います!

雑誌掲載:Time Out Tokyo No.16

Time Out Tokyo No.16


世界108都市39カ国(12言語)に展開するグローバルネットワークを持つTime OutのTokyo版にて新しく発売されるタフネスクロノグラフG-Steelのプロダクトレビュー記事が掲載されました。


Time Out Tokyo No.16



「デジタルと言えばカシオ」、実はこのG-Steelは初のアナログフェイスとなるんだそうです。デュアルコイルモーターによるディスク針の動きはカシオらしいユニークな仕掛けとデザインが施されていました。
自分がデザインで関わっている訳ではありませんが、発売前のG-Steelを弄りながらそんな遊び心あるカシオの哲学とデザインについてお話しさせていただきました。


タイムアウトは空港や海外の方々が多い街にて配布中です!ご覧ください。Time Out Tokyo No.16

講演:Innovation “Pattern” vol.2

プロノイア・グループのピョートル氏と、ロフトワークの諏訪氏からお声掛けいただき「創造性とオープン性を高めるこれからのチーム作り」というタイトルで弊社の事例をお話しさせていただきました。
久しぶりにロフトワークにて登壇しましたが、ここに来るといつも前のめりな人々に出会えて、こちらもパワーがもらえます。
後半、組織とビジョンの例にMGVsワイナリーの話を出しました。実際は現場は試行錯誤の連続があるものです。ただ確実にいえるのは、アクションしなければ何も起こらないということです。

雑誌掲載:ワイン王国 No.101

過去には宮本亜門氏、竹下景子さん等、各界文化人がワインについて語るアペリティフのコーナーにまさか自分が呼ばれるとは驚きましたが、今号にインタビュー記事が掲載されました。

テーマは「ワイン文化を根付かせるために」
ワインが好きでも、ワインを囲んだ豊かな暮らしを語れる人は日本にそう多くはいらっしゃいません。海外で感じたワイン文化の面白さや、これから日本のワイナリーが大切にしていきたい事をお話しさせていただきました。
ご笑覧いただければ幸いです。

ワイン王国 2017年 11月号 [雑誌] Kindle版

講演:富山県総合デザインセンター

富山県総合デザインセンター



先日高岡にて11月に竣工予定の富山県総合デザインセンター、クリエイティブデザインハブのプレイベントにて講演させていただきました。

ご一緒させていただいたのはデンソーの名木山氏と元アイシン精機の岡氏。
実はデンソーもアイシンも前に一緒にプロジェクトをさせていただいた企業。未来について考えていたそんな両社と共に同じようなテーマで講演する事になるなんて思いもしませんでしたが、とても興味深い話となり楽しませていただきました。

デザイン都市である富山県、今以上に素晴らしい環境が揃い強力な体制に準備中となると、もっと楽しくてとてもワクワクする取り組みになると感じました。

富山新聞/デザインと産業考える 高岡の交流拠点が開業前イベント

Audi Q5、SQ5 × MGVsワイナリー 

Audi Q5、SQ5 × MGVsワイナリー 


先日発表された新型Audi Q5。
MGVsワイナリーがこのAudi Q5、SQ5の初の試乗会の場に選ばれました。


Audi Q5、SQ5 × MGVsワイナリー 



車もワインも人生を豊かにしてくれ、ものづくりに込められた哲学を知る歓びがある。AudiもMGVsも「技術による先進」という親和性があり、そんな素敵な文化を共に伝える事が出来たらと願っていました。



Audi Q5、SQ5 × MGVsワイナリー 



Audi Q5、SQ5 × MGVsワイナリー 


チョークアートにはAudi Q5を描いたり、お客様のケータリングに用意したローストビーフサンドにもフォーリングスの焼印を入れたりと楽しみながら関係者の皆さんと準備を進めてきたのです。



Audi Q5、SQ5 × MGVsワイナリー


日本というこの地で車とお酒はタブー視されるため、受け入れられるもののか正直どきどきしましたが、自動車ジャーナリストやアウディ ジャパン社長ともお話させていただき、皆さん口にするのは「ロケーションもデザインも良く、海外の試乗会みたいで素敵!」「ワインは好きだけどオーナーの話を聞いてさらに好きになった」など、とても好評で文化を伝えるための第一歩になったかと思います。

WEB掲載:日経テクノロジーオンライン

日経テクノロジーオンラインにて対談が掲載されました。

デザイナーと経営者の間に遠慮はいらない/IoTにおけるデザインの重要性について田子學氏と語り合う(第1回)

「これIoTっぽくないよね」と言っちゃう人、いますよね/IoTにおけるデザインの重要性について田子學氏と語り合う(第2回)

半導体の会社が本気でワインサーバーを作ってみた/IoTにおけるデザインの重要性について田子學氏と語り合う(第3回)

東京ミッドタウン・デザインハブ第69回企画展 私の選んだ一品

私の選んだ一品

4日から始まっていたのですっかりとアナウンスが遅くなりましたが、現在ミッドタウン・デザインハブにて展示されています。
今回自分が2017年度審査会を通して選んだ一品は「直進くん」という”もの凄く地味”なものです。
でも、優れたデザインというのは決して派手ではなく、気づかないくらい目立たずに生活にひっそりと隠れていたりするものです。


会期 10/27(金)まで 11:00-19:00
会場 東京ミッドタウン・デザインハブ
入場無料/会期中無休

東京ミッドタウン・デザインハブ第69回企画展
私の選んだ一品 -2017年度グッドデザイン賞審査委員セレクション
search this site.
menu
selected entries
archives
others
mobile
qrcode