<< QUALINA vol.3 | main | 講義:デザイン・ツールズ 第2期2回目「事業推進とリーダーシップ」 >>

掲載記事:読売新聞(GOOD DESIGN AWARD 2011)

読売新聞(GOOD DESIGN AWARD 2011)

読売新聞GOOD DESIGN AWARD 2011広告特集記事

弊社代表田子學が11月10日の読売新聞全国紙において、日本における最大のデザイン賞である「グッドデザイン賞」の意義および、日本の産業に向けたメッセージを寄せました。

「人間らしい豊かさに向かって長期的な視野でのものづくりを」

GOOD DESIGN AWARD 2011には副題として「適正」が添えられました。
震災が日本を襲ったことで国民全体が感じた、「何が正しく、何が良いのか?」
それは今まで気づかなかった事実を考えるきっかけにもなりました。
デザインは産業と直結しているからこそ、日本から生み出されるデザインはもう少しこれからの未来の事を思考されるべきであり、そういう時代なのだと考えています。
50年も続いて来た日本のグッドデザイン賞の歴史。
今年からは少なくともそういう見方でも世界に誇れる賞となると思っています。

掲載内容詳細につきましては画像をご覧下さい。
search this site.
menu
selected entries
archives
others
mobile
qrcode