雑誌掲載:GOETHE

 

GOETHE

 

仕事と人生を謳歌するデキる男の雑誌ゲーテ。

 

今月号のワイン特集で「理系テクノロジーで挑むテロワールの味」と題し、MGVsとオーナー松坂氏と共に取り上げていただきました。 取り上げられたのは「熱狂人生」という人生哲学を語るページ。

 

 

GOETHE

 

 

日々拘りを持って挑戦しているMGVsを多くの人に知ってもらいたいと思っていたので、人生に拘りのある読者が多いゲーテからの取材依頼はとても嬉しいものでした。

 

“Life is too short to drink bad wine.”

この言葉はドイツの巨匠、ゲーテの言葉。

 

MGVsはこの言葉を大切にしてブランドを構築した事もあり、熱狂人生というタイトルのこの取材はとてもご縁を感じました。

書店で見かけたら是非ご覧いただければと思います!

雑誌掲載:リアル開発会議

リアル開発会議

 

 

昨年末なのですが、日経リアル開発会議2017 Winter Vol.9に「世界が注目する日本ワインに半導体加工メーカーが参入」としてMGVsが取り上げられました。

 

 

リアル開発会議は日経ものづくりから派生した新事業創出と異業種連携を推進するコミュニティー冊子。

 

それだけに取材ではエンジニアであるオーナーがオリジナルで製作したMGVsのテイスティングサーバーに興味を持って頂き、この開発に至った経緯とサーバー事業の展望話が書かれています。

 

自分もデザインとブランドの観点からオープンするかなり前の段階で意見を言わせていただきましたが、こうした過去のノウハウを活かした見える形のハードとソフトとのバランスは事業の新たなサービスの可能性を生むだけでなく、消費者の納得感が生まれ、必ずブランド価値に寄与するものです。

 

まだまだハードのみの思考で前例主義の強いメーカー、エンジニアの方々に読んで貰いたいと思います。

 

 

リアル開発会議

2018敬寿瑞春

2018敬寿瑞春

 

 

 

2018敬寿瑞春 新春のお慶びを申し上げます

旧年中はひとかたならぬご厚情を賜り、誠にありがとうございました。

本年も相変わらず、旧に倍しましてご指導ご鞭撻のほど何卒よろしくお願い申し上げます。

皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます。

 

Best wishes for a successful and rewarding year

WEB掲載:VISUAL SHIFT

アマナというとストックフォトで有名ですが、現在は総合支援企業として、ビジネスの多角化をしています。

そんなアマナが発信している「伝わるコンテンツ」を生み出すためのブログメディア「VISUAL SHIFT」にMGVsワイナリーが取り上げられ取材を受けました。

独特な目線でストーリー、ビジュアル、ブランディングを組み立てるデザイン編集力といった切り口で書かれております。

ぜひご覧ください。

 

アマナ:VISUAL SHIFT/半導体加工からワイン醸造へ。デザインマネジメントで魅せるストーリー

デザイナーが身につけておくべき知財の基本

「デザイナーが身につけておくべき知財の基本」が公開されました。 調査研究*委員会委員として参加し、自分は単なる表層ではなく、社会的な価値や資産を生む行為としてのデザイン(ブランディングやデザインマネジメント)をお話しさせていただきました。 皆が知りたいと思える知財の基礎知識が良く纏められた教材ですので、学生やデザイナーだけでなくデザイナーに依頼する事業者も理解いただき、活用されることを期待します。 今回この教育と産業において重要な知財教材にデザイナーとして関われた事を有り難く思います。 *平成28年度特許庁産業財産権制度問題調査研究「デザインの創作活動の特性に応じた実践的な知的財産権制度の知識修得の在り方に関する調査研究」

G展

G展


昨日よりミッドタウンにて今年のグッドデザイン賞授賞展2017が始まっております。

本日は応募された企業向けに開催される、審査員がどの様な視点で各応募製品を評価したのかを解説する審査報告会でした。
本年度、産業機器と医療分野のユニットにてユニット長を務めさせていただいたわけですが、産業や社会、経済に直結するとても重要なカテゴリなだけにこのユニットの性格は堅実で、あゆみの遅い分野という認識でいました。


しかし、今年度は激変する昨今の社会背景や世界情勢の流れから製品の設計思想は大きく在り方が変わり、イノベーティブな解決による意匠を超えた本当の意味でデザインされた製品の多さに驚くとても興味深い年でもありました。


ベスト100の展示会場を見ても、そうした全体のデザインに関する質が過去に比べ一段と上がった様に感じます。リアルな未来を示す今のデザインをこの連休中に多くの方に見に来て欲しいと思います!

雑誌掲載:Time Out Tokyo No.16

Time Out Tokyo No.16


世界108都市39カ国(12言語)に展開するグローバルネットワークを持つTime OutのTokyo版にて新しく発売されるタフネスクロノグラフG-Steelのプロダクトレビュー記事が掲載されました。


Time Out Tokyo No.16



「デジタルと言えばカシオ」、実はこのG-Steelは初のアナログフェイスとなるんだそうです。デュアルコイルモーターによるディスク針の動きはカシオらしいユニークな仕掛けとデザインが施されていました。
自分がデザインで関わっている訳ではありませんが、発売前のG-Steelを弄りながらそんな遊び心あるカシオの哲学とデザインについてお話しさせていただきました。


タイムアウトは空港や海外の方々が多い街にて配布中です!ご覧ください。Time Out Tokyo No.16

雑誌掲載:ワイン王国 No.101

過去には宮本亜門氏、竹下景子さん等、各界文化人がワインについて語るアペリティフのコーナーにまさか自分が呼ばれるとは驚きましたが、今号にインタビュー記事が掲載されました。

テーマは「ワイン文化を根付かせるために」
ワインが好きでも、ワインを囲んだ豊かな暮らしを語れる人は日本にそう多くはいらっしゃいません。海外で感じたワイン文化の面白さや、これから日本のワイナリーが大切にしていきたい事をお話しさせていただきました。
ご笑覧いただければ幸いです。

ワイン王国 2017年 11月号 [雑誌] Kindle版

WEB掲載:日経テクノロジーオンライン

日経テクノロジーオンラインにて対談が掲載されました。

デザイナーと経営者の間に遠慮はいらない/IoTにおけるデザインの重要性について田子學氏と語り合う(第1回)

「これIoTっぽくないよね」と言っちゃう人、いますよね/IoTにおけるデザインの重要性について田子學氏と語り合う(第2回)

半導体の会社が本気でワインサーバーを作ってみた/IoTにおけるデザインの重要性について田子學氏と語り合う(第3回)

東京ミッドタウン・デザインハブ第69回企画展 私の選んだ一品

私の選んだ一品

4日から始まっていたのですっかりとアナウンスが遅くなりましたが、現在ミッドタウン・デザインハブにて展示されています。
今回自分が2017年度審査会を通して選んだ一品は「直進くん」という”もの凄く地味”なものです。
でも、優れたデザインというのは決して派手ではなく、気づかないくらい目立たずに生活にひっそりと隠れていたりするものです。


会期 10/27(金)まで 11:00-19:00
会場 東京ミッドタウン・デザインハブ
入場無料/会期中無休

東京ミッドタウン・デザインハブ第69回企画展
私の選んだ一品 -2017年度グッドデザイン賞審査委員セレクション
search this site.
menu
selected entries
archives
others
mobile
qrcode